スポンサードリンク

ケバブについて

イスラム教徒が大半を占めるトルコでは、豚肉が食卓にのぼることはありません(イスラム教徒以外の中国系の人たちなどは別です)。

鶏肉や牛肉ももちろん使われますが、羊の肉を使った料理がメインとなることが多いでしょう。

トルコの羊肉は上質なことで知られています。

料理法は、ケバブ(焼肉)が定番ですが、煮込んだり、ひき肉ダンゴの「キョフテ」にしたり、とバラエティに富んでいます。

トルコ料理の代表とも言われるのが、「シシ・ケバブ」です。

羊のモモ肉を串刺しにして炭火で焼いたものです。

余分な油が落ちてヘルシーですし、羊肉本来の味を楽しめます。

味付けはいたってシンプル。

ブラックペッパーと塩だけというのが一般です。

「ケバブ」は、非常に種類が豊富です。

「ナスのケバブ」は、シシ・ケバブにナスを挟んだ串焼きです。

焼き鶏が鶏肉の間にネギを挟んだように、羊の肉と肉の間にナスを挟んで串にし、焼いたものです。

ナスに肉汁がじんわり染み込み、甘みを増して、これまたいけます!

「ケバブ」は地方色も豊かで、たとえば「アダナ・ケバブ」は、その名の通り、アダナ地方(地中海)が本場の、スパイシーなケバブです。

ひき肉に唐辛子を練りこんだものです。

またイスタンブール近郊で、オスマン帝国が最初に都を置いたとされる古都、ブルサを発祥とするケバブ、「イスケンデル・ケバブ」は、ラム肉を煮込んだケバブ料理です。

トマトの酸味がラム(仔羊)を柔らかくし、その臭みも消してくれます。


スポンサードリンク