スポンサードリンク

シーフードについて

トルコは北は黒海、南は地中海に面し、西にはマルマラ海をひかえます。

トルコは、近海を豊かな漁場に囲まれていることもあり、新鮮なシーフードに恵まれています。

そのためか、いろいろと手を加えることなく、味付けは塩だけ、といたってシンプルなのが一般的です。

「チュブラ・ウズガラス」は、ブルーフィッシュの塩焼き。

ブルーフィッシュは、形も大きさも鯛にそっくりです。

白身の淡白な魚で、味も鯛そのもの。

お皿に載っているのをみると、そこからみても「鯛の塩焼き」といった感じです。

おしょうゆを持参したくなってしまうほどです。

また、トルコで是非、食べていただきたいのが、鱸(スズキ)です。

トルコで最もおいしい魚といわれます。

日本人の舌にもお馴染みの白身のお魚です。

「ルフェル・ウズガラス」はスズキの塩焼きです。

これもおしょうゆがほしくなるところですが、オリーブオイルやワインビネガーでいただいくのも、また一味違ったおいしさです。

その他、車えびやムール貝も、非常にポピュラーな食材です。

「ウズガラ・カリデス」は、車えびのグリル。

ガーリック風味です。

高級シーフード店で出されます。

塩焼きももちろん食べられますが、ガーリック風味もなかなかですよ。

お勧めは、トルコ風エビグラタン「カリデス・ギュヴェテ」です。

「ギュヴィテ」はグラタン風にオーブンで焼かれる料理で、とろけるチーズをハフハフしながら食べるのは最高です!


スポンサードリンク