スポンサードリンク

メゼについて

イタリア料理のアンティパスト、フランス料理のオードブル、英語圏ならアペタイザー、そして日本なら「お通し」といったらいいでしょうか?

コース料理が始まる前に出される「前菜」です。

食欲が増すように・・・と、通常は「ちょっと」した小鉢程度のものなのですが・・・。

トルコ料理のそれは、それだけでおなかがいっぱいになってしまうほど、種類も量もバラエティに富んでいます。

イタリアのアンティパストに匹敵するといわれるほど、メゼ(前菜)が豊富なことは、トルコ料理の特徴のひとつでもあるのです。

冷たいメゼ(冷菜)と、温かいメゼ(温菜)である「アラジャック」があります。

トルコ料理でお馴染みのメゼ、特に冷たいメゼの定番は、「ドルマ」です。

ムール貝のドルマ「ミディエ・ドルマス」、ピーマンのドルマ「ビベル・ドルマス」、ブドウの葉のドルマ「ヤブラック・ドルマス」などがあります。

それぞれムール貝、ピーマン、ブドウの葉にピラフを詰めたものです。

また、アーティチョークのオリーブオイル冷製「ゼイティンヤール・エンギナール」や、インゲン豆をオリーブオイルと野菜のスープに浸した、インゲン豆のピラキ「ファスリエ・ピラキ」など、オリーブオイルをたっぷり使っていることもトルコ料理のメゼの特徴です。

とにかく色々なメゼを食べてみたい!という人は、「ゼイティンヤール・セブゼ・ブケッティ」をどうぞ! ドルマやゼイティンヤールなどメゼの定番を贅沢に盛り合わせたものです。


スポンサードリンク