スポンサードリンク

オリーブオイル

トルコ料理にはアジア的な特徴と地中海的な特徴が混在し、独特の食文化を形成しています。

その特徴とは次のような点です:

1.オリーブオイルの多用

2.羊肉料理が中心

3.主食はパン

4.スパイスとハーブの調和

5.付け合せのピラウ

6.ヨーグルト料理

7.甘いデザート

8.その他・・・バラエティに富む食材(野菜、果物)

なかでも特に、オリーブオイルの多用は、トルコ料理の最大の特徴でしょう。

オリーブオイルは、トルコ料理で最も多く使用されている調味料です。

オリーブオイルの消費が世界で最も多いのは地中海のギリシアだそうですが、トルコもそれに負けず劣らずオリーブオイルを愛用する国民なのです。

メゼの代表「デイティンヤール・セブゼ・ブケッティ」は、バラエティ豊かな野菜などの食材をたっぷりのオリーブオイルに漬け込み、贅沢に盛り合わせたものです。

メインの料理でもオリーブオイルは活躍します。

「タヴィック・ソテ」は、鶏肉のオリーブオイル煮込みです。

ロカンタという、トルコの大衆食堂の定番メニュー。

鶏肉と、トマトなどの野菜をオリーブオイルで煮込んだものなのですが、そのたっぷりのオリーブオイルにもかかわらず、さっぱりとしているのが不思議です。

サラダにも、ワインビネガーといっしょにたっぷり・・・食べ終わったあとにお皿にたまったオイルをみるとギョッとするほどです。

ドレッシングなどには、バージンオイルが用いられます。


スポンサードリンク