スポンサードリンク

アルコール類・お酒

イスラム教徒が大半を占めるトルコですが、お酒には寛容なようです。

さすがにモスク付近などではアルコール類を置かない店もあるようですが、レストランではお酒の注文に別に支障はありません。

ビラハーネという一般的なビアホールがあり、生ビールも置いています。

旅の疲れを癒しに? 立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

トルコのお酒の名物といえば、「ラク」です。

アルコール度は45度以上というから、かなり高いといえるでしょう。

ブドウの搾りかすを主原料とした蒸留酒で、アニスという香草の香りを加えたものです。

ギリシアのウゾと同じ種類のものです。

水を加えると白くにごることから、「アスラン・トゥ(ライオンのミルク)」とも呼ばれます。

トルコの、特にカッパドキアでは、ワインの生産が盛んです。

白はベヤズ、赤はクルム、ロゼはベンベといいます。

イスタンブールなどで一般的に飲まれているのは、白のチャンカヤ、赤のヤクートなどの銘柄です。

トルコのワインの歴史は古く、なんとヒッタイト時代にまでさかのぼるといわれます。

トルコは世界で最初にワイナリーを持った国なのです。

レストランで食事を楽しみながら、グラスでワインを楽しむのもいいですね。

ビールは、トルコ語では「ビラ」です。

「エフェス」という銘柄が一般的です。

日本人好みだといわれるビルスナータイプなのですが、なぜか生ぬるいのが玉の傷のようです。

トルコ人はビールをあまり冷やさないようです。


スポンサードリンク