スポンサードリンク

キョフテ トルコ風肉ダンゴ

「キョフテ」とは、トルコ風の肉ダンゴです。

「ケバブ」(焼肉)と並ぶ、トルコの肉料理の定番です。

ケバブが焼いたり、煮たり、野菜と組み合わせたり、とバラエティに富んでいたように、キョフテにも色々なパターンがあり、メゼ(前菜)として冷たくして(冷菜)、あるいは温かくして(温菜)いただいたり、メインの肉料理としていただいたり、とさまざまです。

最もシンプルなのは、「ウズガラ・キョフテ」(焼きキョフテ)です。

平べったい肉ダンゴ・・・まさにハンバーグそのものです・・・を焼いただけですが、お肉の風味が生きてかえって味わいの深い一品です。

「カドゥン・ブドゥ・キョフテ」は、揚げたキョフテなのですが、「貴婦人の太もも風キョフテ」というなんともユニークな名前をいただいている一品です。

その柔らかでジューシーな味わいがクセになりそう・・・ひょっとしたらそこがこの名前の由来なのかもしれませんね。

そのほかメゼ(前菜)としてのキョフテもお馴染みです。

冷たいメゼとしては、「チイ・キョフテ」があります。

ひき肉とひき割小麦のキョフテです。

小麦とひき肉をペースト状に固め、唐辛子を練りこんだものでピリカラです。

トルコ料理独特のキョフテといわれます。

温かいメゼでアラスジャック(冷たいメゼとメインの料理のつなぎ)として出されるのが、「イチリ・キョフテ」です。

ひき肉をふんわりとした厚手の皮に包んで揚げた・・・一見、揚げた肉まんかピロシキといった感じでしょうか・・・ボリューム満点の一品です。


スポンサードリンク